スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里山マンモスのあそび場から!!

野あそび 里山フィールド 淡路島マンモスからのご報告…

寒くても、こんなに沢山の子ども達が遊びに着てくれました!!

今月の開放日も、子ども達の真剣なまなざし!!…

「楽しみながら学び・学びながら楽しむ」模様を画像で一挙に紹介します!!

朝一番に遊びに来た子の特権??
野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 赤ちゃん 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

遊ぶ水の中は「氷!!」
野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 赤ちゃん 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

厚さ約1cm!!冷たくないの!!
野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 赤ちゃん 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

氷にもいろいろな種類があり「おもしろい!!」-学んでます!!
野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 赤ちゃん 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

この子は「年少さん!!」とにかく昇りたい!!
野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 赤ちゃん 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

昇ったら降りる!!集中力を駆使してコワゴワ降りる!!
野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 赤ちゃん 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

大きなお姉ちゃんの真似をし!!チャレンジする精神!!
野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 赤ちゃん 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

出来た「焼き芋」を頬張る!!「甘くて美味しい!!」
野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 赤ちゃん 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

初めて「サツマイモ」をぬれ新聞とアルミホイルに包む体験!!包んだら燃えてる「薪」の中へ!!
野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 赤ちゃん 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

この子は「パン生地づくり」にチャレンジ!!
野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 赤ちゃん 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

粉と水をコネコネして出来た生地を成形する!!そして木の棒に巻きつける!!
野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 赤ちゃん 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

ゆっくり回しながら「パン生地」を焼く!!
野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 赤ちゃん 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

油断すると「こげる!!」
野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 赤ちゃん 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

誰の作品??
野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 赤ちゃん 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

一通り遊ぶと最後は大きな子も小さな子も、やっぱり「泥んこ遊び」!!
野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 赤ちゃん 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

掘りたい!!
野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 赤ちゃん 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

掘ったら深さを確かめたい!!
野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 赤ちゃん 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

わざわざ泥の中を歩きたい!!
野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 赤ちゃん 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

何作ったの??
野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 赤ちゃん 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

泥ステーキ!!
野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 赤ちゃん 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

とにかく大人も子どももみんな夢中!!
野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 赤ちゃん 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

落ち葉の上で転げまわる??
野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 赤ちゃん 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

ここマンモスでは「ダメダメは禁句!!」

目を輝かせ夢中になって遊ぶ子ども達の姿こそ、

今、全ての子ども達に平等にあるその心の中の才能と勇気を、

かつては子どもだったすべての大人達も

子どもだった頃を思い出しながら子どもの目線で、

豊かな「子育ち」環境とは何かを、

皆で問い直す時期が来ているのではないでしょうか!!

野あそび 
里山フィールド 淡路島マンモス
里山番 記


後方支援
淡路島ファミリーインペンション
コサージュ

スポンサーサイト

興味のある方、是非ご一読ください!!

「泥んこ遊び」が子ども達の「自立心」を育てる!!

野あそび 「里山フィールド 淡路島マンモス」
里山番から皆さんへ!!


無料開園以来、
泥んこ遊びが何故子ども達を夢中にさせるのか!!

泥んこ遊びをしているときの真剣な「まなざし!!」と
「楽しそう!!」な笑顔はどこから来ているのか!!

里山番としては、いつも疑問に思っていましたが、
ここに一つの文献を見つけましたので、
乳幼児の子育てに日々奮闘している皆さんにも
お伝えしたいと思いますので、よかったらご一読ください!!


タイトル

ー「泥んこ遊び」が子ども達の「自立心」を育てるー

この説は、アメリカ、日本の幼児教育専門の学者が声をそろえて
論説していることです。
『幼児教育(しつけ)』でもっとも大切な要素は
『自立心を身に付けさせることである』ということに終始しています。
自立心が育たなければ、成人してから社会的に生きていくことが
かなり困難になります。

 その自立心は、幼児期、いや乳幼児期から育てるものだといわれています。
もちろん小・中学生では手遅れだということはありませんが、
早ければ早いほど『自立性』の確立がしっかりするということです。

乳幼児の場合は『授乳』の方法によって培うことが述べられています。
例えば、『自分』の手で母のお乳をまさぐり、自分で吸い付き、吸う。
このことが自力で生きようとする本能の現われなのですから、
単に時間が着たら哺乳瓶で与えるのはその力をそぐことになります。
…ほかにもいろいろな要素があるのですが、ここでは省きます。

ここでは『遊び』が自立心をつけるという論理ですが、もっとも顕著な遊びが
『泥んこ遊び』なのです。
地面の土に水を加え、べちゃべちゃ、ぬちゃぬちゃ、手で混ぜたり、足で踏みつけたり、
だんごやいろんな形を作って、おそらく大多数の子供(幼児)が
「ワーワー」「キャーキャー」と底抜けに楽しく遊ぶのが『どろんこ遊び』です。
私自身もよくやった記憶があります。
そこで保護者や大人が『汚い』、『汚れる』、『バイ菌がつく』などと
やめさせたり叱ったら、健全な精神成長の大きな損失になるでしょう。

しかし、なぜ『泥んこ遊び』が自立心を育む最適の遊びなのか。

『泥んこ遊び』は柔らかい土を相手に遊ぶので、(まだ)弱い力でも『自分』の
思い通りに『形』を変えることができます。それは自分の『意思』によって
ほかの『もの(物体)』を支配したことにつながります。
要するに自分が思ったことを自分の力で行動し、対象物の形を変えたという
『満足感』が生まれます。
それを自己評価し、「思ったとおりになった」と感じたとき、
次々と自分を表現して行こうとします。
それが『自尊心』であり「僕にはできるんだ」という
『自立心』が芽生えるのです。
しかし、そのとき大人がそれらの『作品?』を評価してはいけません。
なにか動物や果物などを模して作っていて実によく出来ている場合は
多少褒めてもいいでしょうが、実際、他人の評価とはその人の価値観であって
本人の価値観ではありませんので『自立心』の向上にはあまり役には立ちません。
要は好きにさせておくがいちばん良いのです。
自分だけが陶酔すればいいのです。まして、本人は夢中になっているのですから
ついでに『集中力』、『持続力』も養っています。

そのように幼児だけで遊ぶ『泥んこ遊び』では、複数いたとしても
ほとんど他の子の作品は気にしていません。
自分の『意思表現』を繰り返し、価値観も自分で育てていきます。
これがいわゆる『個性』であり、達成感=自立心は蓄積されていきます。

そうして、遊び疲れたら『命』の糧である食料を求めて
保護者のところへ帰ります。そこで、先にも書いたように、
保護者が汚いなどと叱ったら、その子は自分のしたことはいけないことだった、
つまり今後このようなことをしたら『ご飯』が食べられなくなるかもしれない。
→やめなければならない…つい先ほどまでの陶酔がもうできない…
これはものすごい大きなストレスとして蓄積されるとともに
「自分が自由に自己表現することはいけないことだ。
今後は(食事を与える)保護者の言うことに従おう」ということになり、
『自主性』=『自立』は大きく後退するでしょう。

近年このような誤った『管理育児』を使用とする親が増えたような気がします。

親や大人が、「まあまあ、こんなに汚れるまで遊んできたの。
よっぽど楽しいことをしてきたんでしょうね。うらやましいなあ」などと声をかけ、
少し年長(小学生でも)だったら、「そんな楽しい遊びで服が汚れるなら、
洗濯の仕方を教えるから一緒にしようか」などといって、
『自分のことは自分で』と、少しずつ『自立心』を養うのが
子供本人の生きる力になります。


いかがでしょうか!

どなたの文献か定かではありませんが、

いずれにしても乳幼児の子ども達にとって、

成長の過程において心身ともに「泥んこ遊び」は良いと言うことですね!!

「楽しみながら学び・学びながら楽しむ」それに尽きるのではないでしょうか!!


※野あそび
里山フィールド
淡路島 マンモス
里山番 記


※淡路島ファミリーインペンション コサージュは、
子ども達の心身共に健やかな成長に欠かせない
「あそび」を社会貢献事業のキーワードとして、

ー「野あそび場」ー
里山フィールド 淡路島マンモスの
運営並びに後方支援を行っております!!

お父さん!お母さん!是非ご覧ください!!

25年2月4日の日曜日のマンモスの模様を一挙公開します!!

野あそび 里山フィールド 淡路島マンモスからのご報告です!!

こんなに沢山の子ども達が遊びに来てくれました!!

文字では書き表せません…

子ども達の真剣なまなざし!!

「楽しみながら学び・学びながら楽しむ」模様を

以下、画像で一挙に紹介します!!

淡路島 里山 フィールド マンモス 野あそび ペンション コサージュ

淡い島 里山 フィールド マンモス 野あそび ペンション コサージュ 

野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

里山 フィールド 淡路島 マンモス 野あそび 子供 幼児 コサージュ 宿泊

野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 赤ちゃん 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 赤ちゃん 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 子供 幼児 

野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 赤ちゃん 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 子供 幼児 宿泊 コサージュ

野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 赤ちゃん 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児 教育 宿泊 コサージュ

野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 宿泊 ペンション コサージュ

野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 宿泊 ペンション コサージュ

野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 宿泊 ペンション コサージュ

野あそび 里山 フィールド 淡路島 マンモス 幼児教育 子連れ 宿泊 ペンション コサージュ 子連れ

淡路島 マンモス 里山 子供 幼児

マンモス里山番として
こんなに嬉しいことはありません!!

目を輝かせ夢中になって遊ぶ子ども達の姿こそ、

今、全ての子ども達に平等にあるその心身の才能と勇気を、

かつては子どもだったすべての大人達も

子どもだった頃を思い出しながら子どもの目線で、

豊かな「子育ち」環境とは何かを、

皆で問い直す時期が来ているのではないでしょうか!!

里山番が思い描いて始めた「野あそび場」づくりの
最初の「いっー歩!!」になるかもしれません…

野あそび 
里山フィールド 淡路島マンモス
里山番 記


淡路島ファミリーイン
ペンション コサージュは
「野あそび 里山マンモス」を運営支援しています!!

プロフィール

マンモスのじ〜じ

  • Author:マンモスのじ〜じ
  • 淡路島でフレンチテイストの宿屋を1988年から運営しています。

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。