スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の色合い

PB060127

子どもの外遊びを見ていると、はっと驚かされることがあります。

例えばこの写真。

竹と落ち葉でおままごとをしているんですが、奥の竹には黄色い葉っぱが!

PB060132

こういう色の使い方があるんですね。

勉強になりました。

スポンサーサイト

あけびの実が落ちてたので一枚

DSCF2438


今日の宿はお休み。

 

外で作業をしていると、あけびの実を発見しました。

 

早速その場で割って食べてみましたが、甘い!

 

他に食べ方はないのかな?とクックパッドで調べてみると、あけびの実だけではなく、あけびの皮を使った料理がたくさん。

 

クックパッドのあけびレシピ

 

あけびの木を数本見つけたので、今年はあけびの皮を使った料理を作ってみよう。

完全無農薬の生らっかせい

DSC_0149[1]


先日、無農薬野菜畑から収穫した生のらっかせいを塩ゆでして頂きました。

 

少し旬は過ぎちゃったけど、十分おいしい!

 

いつか、生落花生と生ビールを出す季節限定のビアガーデンを企画したいなと思ってます。

さつまいものスープをそろそろ仕込みます。

DSC_0335[1]


先日畑で収穫してきたさつまいも。さつまいもは寒さに弱いので新聞でくるんだりしながら温度管理をしてあげないと直ぐに傷んでしまいます。

 

そろそろそんなさつまいもの下処理をしてスープの仕込みを始めます。

 

ディナーでお出しする日が決まりましたら、ご案内致します。

自然体験ワークショップ!遊び場を開拓。淡路市野外活動協会主催


当宿が運営する里山プレーパーク淡路島マンモスで淡路市野外活動協会さん主催の

自然体験ワークショップ「遊び場を開拓!」を開催する事になりましたのでご案内致します。

遊び場づくりを通じて自然体験!ランチ付き

朝10時から15時まで家族で自然を満喫できる内容になっています。

【遊び場を開拓】スケジュール

(1)樹木の伐採と薪づくり
11月30日(日)
10:00~15:00
①里山の不要な竹や樹木を実際に伐採する。
②伐採した丈や樹木で、薪やクラフトの材料を作る。
③作業に必要なロープワークを学ぶ。
<昼食> カートンドックとトマトとバジルのスープ(オッチャン風)

(2)ベンチや遊具づくり
12月14日(日)
10:00~15:00
①前回の木材を使って、簡単なベンチづくりなど
②作業に必要な、ロープワーク
<昼食> 木の実の炊き込みご飯~空き缶仕上げ~、なんちゃってトーストビーフ、手抜き味噌汁~鍋いらず~


開拓する場所はこんな感じ

★夏に撮った写真なので、ワークショップ時はこんなうっそうとした感じではないと思います★

DSCF2020

DSCF2014

DSCF2039

DSCF2045

2014_0910_16482400.jpg

リーダーは野外活動経験が豊富な安藤さん

主催の安藤さんは、野外活動がお得意で皆さんを自然の中へ案内してくれる素敵なおじさんです。

私達は、兵庫県人権教育全県大会で大変お世話になっていらい、安藤さんからロープワークを学びたいと思っていた所に本企画をご提案頂きました。誠に恐縮です。。。

宿泊日の翌日に参加がおすすめ!

ワークショップは両日とも日曜日です。

なので、前日11/29に宿泊して翌日11/30は10時から15時までワークショップに参加する。こんな旅行スケジュールだと自然を存分に満喫することが出来ると思います。(12月の場合は、12/13に宿泊して12/14にワークショップ参加)

ちなみに、11月29日(土)は残り2部屋となっています。※11月6日時点
12月13日(土)はログコテージが空いています。※11月6日時点

ペンション コサージュWEB
ペンション コサージュ予約

ワークショップの料金と予約方法

ペンション・コサージュへご宿泊の方は下記連絡先へお電話頂かなくても結構です。ペンション コサージュ予約時にその旨をお伝え頂ければ、私共がワークショップの手配を致します。

◆対 象 家族、グループ(小学生以上で保護者同伴)
◆参加費 1日につき 500円(保険料など)
◆応募締切 11月25日(木)まで
◆申し込み ○葉書 → 代表者氏名、年齢、連絡先 と 同行者の氏名、年齢を記入して下記まで
        ◯電話 → 下記問い合せ番号までご連絡下さい。
◆問合せ・申込み  淡路市野外活動協会会長 安藤浩司
             〒656-2401 淡路市岩屋474-18
             携帯 090-1159-4175


自然体験ワークショップのご案内いかがでしたか?
私は、ワークショップ両日ともに<昼食>がものすごく楽しみです!

みなさんもスケジュールを見て面白そう!と思ったらぜひ参加して見てください。
普通この値段では楽しめない、とても価値のあるワークショップだと思いますよ。


三世代旅行におすすめ!森のコテージ。

当宿のお部屋は、全7部屋。

その内の2つは、コテージです。詳しくはこちらのブログでご紹介

お掃除中に撮った写真なのでお見苦しい箇所があるかとおもいます。お許し下さい。。。

コサージュのログハウス

今回は、最近多い三世代旅行でご利用頂いた方々の話を交えながらコテージをご紹介します。

最大10人まで宿泊できます

おじいちゃん、おばあちゃん、おとうさん、おかあさん、子ども1~3人。
三世代旅行だとみんなで5~8人でご宿泊頂くことが多いです。

DSCN1421

コテージは、お布団を敷いて寝るスタイルですので寝るとき以外はお部屋を広々と使っておくつろぐ頂けます。

最大で10枚までお布団を敷くことができます。

1階のこのスペースは子どもがロフトで寝静まった頃、大人がくつろぐ場所として利用されることが多いようです。


子どもが喜ぶ大きなロフト付き

コテージには階段があります。

DSCN1428

この階段を上るとそこには、ロフトがあります。このロフトにはお布団を6枚敷くことができます。

DSCN1426

DSCN1427

幼稚園や小学校くらいのお子さまだとロフトに興奮することが多いようです!


必要な設備は一通り完備

お風呂、トイレ、テレビ、ポット、コップや食器などご滞在中に必要な物は一通りコテージの中に用意しております。

コテージの中には小さなキッチンもあるのですが、室内で調理をするとにおいが残ってしまうため、こちらでの調理はお断りしております。

なら、なぜキッチンがあるのか?

このコテージの輸入元フィンラインドの会社によると長期間のバカンスでも使える設計になっているのでキッチンがあるとの事です。日本でも長期休暇をとる習慣ができた時には、キッチンを自由にご利用頂けるように準備いたします!


お食事は本館ダイニングルーム

当宿の宿泊プランは、現在全て1泊2食のプランとなっています。

ご宿泊当日の夕食と翌日の朝食は、コテージから徒歩数十歩の場所にある本館ダイニングルームでお出ししております。

途中の階段には、手すりを用意しております。


淡路島マンモスに隣接

コテージの扉をあけて外にでると、そこは約2万坪(東京ドーム1.5個)の自然環境を開拓した子どもの遊び場(※現在も開拓中)淡路島マンモスです。

現在は全体の内約10~20%の開拓が完了した段階です。今後も少しずつ遊び場は広がっていきます!


コテージのご紹介いかがでしたでしょうか。
隣へ気を使う事なく大人も子どもものんびり過ごせる。よくアンケートにご記入頂くお言葉です。
ご不明点などございましたら、お気軽にご連絡下さい

詳細情報
ご予約


プロフィール

マンモスのじ〜じ

  • Author:マンモスのじ〜じ
  • 淡路島でフレンチテイストの宿屋を1988年から運営しています。

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。