スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝食のご紹介① ~昔ながらの保存食「白菜の漬け物」~

__.JPG

昨年から朝食におひつ(サワラ材)に入れたご飯と自家製のお漬物をお出しし始めました。

はじめは、朝食にご飯を食べる人はどのくらいいるのかな?と思いながらお米と漬け物の減り具合を見ていたのですが、思いのほか朝のお米派の割合が多くて驚いています。

今日は、毎朝の朝食にお出ししている白菜の漬け物を作る過程と合わせてご紹介します。

DSC_0255[1]

現在コサージュでは菜園を運営していますが野菜つくりは難しい。特に葉っぱもの。まだ上手く白菜を作れません。なので白菜たちは地域の方々や産直市場から仕入れています。

DSC_0256[1]

その白菜を切って容器の中へ並べます。

DSC_0257[1]

次は、塩。

この塩は、いかなごやしらすの釜揚げに使われているもの。食べ物を甘くする塩だ!と、いつも通っている居酒屋のマスターから教えてもらい漬け物つくりに使うことになりました。

DSC_0260[1]

次は、こんぶ、にんにく、とうがらし。

漬け物を付けて30年の経歴をもつ、近くの線香屋のおばちゃんから教えてもらった漬け物レシピです。

DSC_0268[1]

この作業を繰り返しおこない、約2週間漬け込むと、

DSC_0263[1]

白菜の漬け物が完成です。


いかがでしたでしょうか?

今回つくった白菜漬けは、年末年始にお泊り頂く方々にお召し上がり頂くことになると思います!

朝食をご紹介②をお楽しみに。つづく。

プロフィール

マンモスのじ〜じ

  • Author:マンモスのじ〜じ
  • 淡路島でフレンチテイストの宿屋を1988年から運営しています。

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。